朝のウォーキングで化学物質過敏症を改善する

こちらも宮田教授いちおしの改善法です

 化学物質過敏症の第一人者である宮田幹夫北里大学名誉教授はアスコルビン酸に並び朝のウォーキングが健康の基本だと化学物質過敏症の改善法として勧めています。

 化学物質過敏症は自律神経を失調させますが、朝のウォーキングは体内時計をリセットすることに役立ちます。太陽光を浴びてから15時間後に眠くなりますので朝起きてから30分以内に30分間のウォーキングを始めるといいのです。ありとあらゆる運動をしてきた私も朝は軽い準備体操と30分間のウォーキングだけを行っています。朝のウォーキングはセロトニンを増やす効果があります。セロトニンは不安を抑える脳内物質でうつを治すのにも最も良いのです。早く歩く必要はないです。普通にウォーキングに集中していれば、普通よりもおのずと歩くのが早くなります。30分間のウォーキングで驚くほど両足はしまった筋肉がつきます。ここだけの話ですが精力増強にもなるんですよ。精力は健康にも関係しているのでうなずける話ですね。

お問合せ・ご相談はこちら

お電話でのお問合せはこちら

052-433-3309

※お急ぎの方はお問い合わせフォームを送信して下さい。

お問合せはこちら

お電話でのお問合せはこちら

052-433-3309

フォームでのお問合せは24時間受け付けております。お気軽にご連絡ください。

代表者について

都筑 慎一郎

親切・丁寧な対応をモットーとしておりますのでお気軽にご相談ください。