代表者ごあいさつ

都筑 慎一郎 プロフィール

資格

アサンプション大学経営学部卒業
ヨガ指導者養成コース修了(米国ニューヨーク州)
アーユルヴェーダ認定コース修了(インド南部ケララ州)

これまで

2005年YOGA EARTH STUDIOを開設
2009年米国政府は国内の化学物質過敏症患者が約1,000万人であることを公表しました。
2009年日本政府は化学物質過敏症を病名登録しました。日本国内の推定患者数は約1,000万人です。
2015年BROOX YOGAを設立

所属

化学物質過敏症(Chemical Sensitivity)

 化学物質過敏症は、「うつ病」「パニック障害」「更年期障害」「自律神経失調症」など、別の疾患として診断されたり、「原因不明」として放置されている潜在患者が多数いるものとみられています。実際、明らかな体調不良にもかかわらず、医師らに「異常なし」「気のせい」などと言われ続け、「化学物質過敏症」と診断されるまで、医療機関を何か所も渡り歩いた経験を持つ方は、少なくありません。このため、「お医者様が”異常なし”とおっしゃっているのだから」と、家族からも理解してもらえない発症者が少なくありません。発症者は症状だけでなく、孤独にも苦しめられているのです。

①私の化学物質過敏症について

 私が2歳の時に父の転勤で新築の社宅へ引っ越しました。シックハウスで母は心身が不調になり「あの家が嫌いだった。」と子供のころから聞いていました。物心ついた時から私は化学物質過敏症でした。1988年からまともに生活することが出来なくなりました。何百回と訴えましたが聞いてもらえることは無く、私は実家がある名古屋に住むことを許されませんでした。

②運動の習慣

 シドニーの和食レストランで働いていた頃、海辺でジョギングをすると症状が改善することに気付きました。同時に日記を書き始めました。その後20年間、大雨でも大雪でも毎朝走りました。化学物質過敏症を改善する毎日の運動と研究を約30年間続けています。運動しないと生活できないことがコンプレックスだったので隠れて運動をしていました。帰国してから練馬区にある自衛隊グラウンドの近くに住んで、朝晩と毎日2回ジョギングしながら昼は運送の助手をしていました。風呂なしトイレ共同の木造2階角部屋で、カーテンも網戸もなく家電は電気ポットと炊飯器とテレビデオだけという生活をしていたら心身の調子が良くなり、とても幸せになりました。こんなにも楽しくなれる自分は運がいいと思っていました。後に、無意識にシックハウス対策をしていたんだと知りました。

③生活環境を変える

 家族には何も告げずにシドニーとロンドンとバンコクへ行きアルバイトしながら生活しました。インドと関係が深いロンドンには多くのインド人が住んでいることもあり、伝統的なヨガに触れることができました。知り合いに誘われて空き家で暮らしました。イギリスでは空き家に住むことが合法なんです。その後、バンコクで翻訳を手伝っている時に大学を勧められました。物価が安かったこともあって入学し、大学周辺の運動施設を活用して化学物質過敏症を改善する運動の研究に拍車がかかりました。卒業後12年ぶりに名古屋で生活を始めました。

④運動を教える仕事を志す

 毎日の運動を10年以上続けても症状に悩んでいた私は2003年に初めて精神科を受診しました。日赤病院で部長をしていた精神科医は私に「うつ病ではありません。精神病ではありません。神経の病気です。完全には治りません。」と言いました。生きる道がありませんでした。当時のエクササイズ業界は小さい市場でしたが、運動を教える仕事を志しました。運動への情熱では誰にも負けなかったからです。道なき道を進むつもりでいました。

 その3年後に報道ステーションの特集で化学物質過敏症を初めて知りました。化学物質過敏症支援センターのホームページを見て、自分が化学物質過敏症だと確信しました。中部地方には化学物質過敏症を診断できる病院がないので、上京して北里大学宮田幹夫名誉教授に化学物質過敏症と診断されました。自分は悪くなかったんだと知りました。宮田先生は「これではフルタイムで仕事をすることはできない。ヨガをやっているからこれで済んでいる。ヨガインストラクターでよかったですね。化学物質過敏症支援センターでヨガを教えてみたらいかがですか。」と仰っていただいています。自分が選んだ道は正しかったと知りました。

⑤化学物質過敏症を改善する運動

 化学物質は体脂肪に蓄積されるため、体脂肪を減らし汗をかくことで一緒に体外へ排出されます。人は年齢を重ねると怪我をしやすくなります。運動は“頑張らない”方がいいです。ヨガは瞑想から始まり、ジャヤ・ガネーシャを歌い、様々なポーズをとるアサナを行います。

⑥現在の私の活動 お茶会のすすめ

 2年前から上京して活動しています。各地で行われる化学物質過敏症のお茶会に参加しています。アジアで“茶”という言葉ほど広範囲で使われている単語はありません。中国でもチャ、韓国でもチャ、日本でもチャ、タイでもチャ、ベトナムではチェ、インドではチャイ、トルコでもチャイ。古代から人々はお茶を飲んでコミュニケーションをとってきたのです。症状について不安な時に、化学物質過敏症のお茶会で知り合った方とお話しした後は、美味しく食事を頂いて落ち着いて眠ることができます。何物にも代えがたい仲間です。化学物質過敏症患者は化学物質に対して恐怖的になります。思い込みや情報不足により恐怖が化学物質過敏症を悪化させます。化学物質過敏症を解決するのは、お茶会の様な文化かもしれません。全国で化学物質過敏症のお茶会が開かれることを願っています。

お問合せ・ご相談はこちら

お電話でのお問合せはこちら

090-9170-2747

※お急ぎの方はお問い合わせフォームを送信して下さい。

お問合せはこちら

お電話でのお問合せはこちら

090-9170-2747

フォームでのお問合せは24時間受け付けております。お気軽にご連絡ください。

代表者について

都筑 慎一郎

親切・丁寧な対応をモットーとしておりますのでお気軽にご相談ください。