知っておきたい!ヨガ前後の食事と飲酒

ヨガ初心者の方はもちろん、ヨガに通っている、毎日ヨガを実践しているといった方も改めて知っておきたい、ヨガ前後の食事や飲酒についてご紹介します。ヨガ前後の食事のタイミングを知っておくことで、ヨガの効果を最大限に引き出すことができます。

ヨガ前の食事のタイミング~おすすめの食べ物と飲み物~

ヨガは、なるべく空腹の状態で行うのが良いとされています。食事をすると、内臓は消化のために大量のエネルギーを必要とします。ヨガは筋肉や関節、内臓を動かすため、効率的に運動効果を得るためにも、食事は控えたほうが良いのです。食事の後に運動をすると、消化器官に必要な血液が不足して消化不良になったり、気分が悪くなったりすることも考えられます。

どうしても食事をしたいという場合は、できれば2時間前までに食事を済ませておくことをおすすめします。2時間経っても食べたものがお腹に残っている感覚があるのは良くないので、みそ汁やスープ、豆腐、おかゆ、フレッシュフルーツなど消化に良いメニューで、腹6分程度を目安によく噛んで食べるのがポイントです。

 

飲み物は、体を冷やすものではなく、温かいお茶や紅茶といった温めるもの、常温の水がおすすめです。

ヨガ直後の食事は注意!その理由は?

ヨガは、ポーズと呼吸で全身の筋肉、内臓を動かします。そのため、ヨガの直後は体が元気であり、代謝が良い状態でもありますが、栄養をよく吸収する状態でもあるのです。学校や会社の後ヨガに通い、終わってから食事をするという習慣がある方は要注意です。2時間程度その状態が続くため、ヨガ後2時間の食事は注意するほうが良いでしょう。

食事だけではなく、ヨガ後の飲酒も控えるべきです。血の巡りが良くなっている状態で飲酒すると、酔いが回るのが早く、いつもの量でもすぐに酔っぱらってしまう可能性があります。運動後の一杯はおいしいものですが、栄養吸収や酔いの回りやすさという点で注意が必要です。

 

逆に、栄養の吸収が良い状態でたんぱく質やビタミン類などの栄養補給はおすすめです。プロテインやサプリメントをこのタイミングで摂取するというのも体づくりに繋がります。

「ヨガの後食べてはいけない!」というわけではない!

ヨガ後の飲食は注意が必要と説明しましたが、絶食というわけではありません。時間帯にもよりますが、メニューに気をつけながら食事をすることが大切です。

食事は栄養摂取の基本ですし、何も食べないのが逆にストレスになり、ヨガが続かなくなってしまう可能性もあります。栄養バランスの良い食事もヨガの一環ですので、タイミングやメニューを工夫しながらヨガも食事も楽しみましょう。ヨガが初めての方はもちろん、レッスンに通っている、

毎日実践しているといった方も、ぜひ参考にしてみてください。

自宅で動画を見ながら手軽にヨガを実践しませんか?BROOX YOGAでは、自宅でできるシヴァナンダヨガの動画を販売しています。ヨガは、ポーズだけではなく呼吸や瞑想とセットで行うのが基本です。シヴァナンダヨガは初心者も始めやすいヨガ流派で、老若男女を問わずおすすめです。初心者から上級者まで、自宅で12の基本ポーズを身につけましょう!

ヨガ・ヨガポーズに関するお役立ちコラム

初心者が自宅でヨガを学ぶならBROOX YOGA

名称 BROOX YOGA 合同会社
住所 〒179-0084 東京都練馬区氷川台2-5-14 ホワイトハウス25-308
電話番号 03-6362-2326
代表者 03-6362-2326
主なサービス ヨガの映像販売
URL http://broox.jp/

お問合せ・ご相談はこちら

お電話でのお問合せはこちら

052-433-3309

※お急ぎの方はお問い合わせフォームを送信して下さい。

お問合せはこちら

お電話でのお問合せはこちら

052-433-3309

フォームでのお問合せは24時間受け付けております。お気軽にご連絡ください。

代表者について

都筑 慎一郎

親切・丁寧な対応をモットーとしておりますのでお気軽にご相談ください。