ヨガと禅は何が違う?ヨガとマインドフルネスの関係は?

ポーズと呼吸、瞑想によりリラックスに効果的なヨガ。そんなヨガと禅の違い、マインドフルネスについてご紹介します。ストレスの解消や健康管理に、手軽にできるヨガを試してみませんか?自宅ヨガには、BROOX YOGAが販売するシヴァナンダヨガの動画をお役立てください。

ヨガと禅は何が違うのか

ヨガと禅は、ともに瞑想するための技術という点で共通しています。ヨガは、仏教が始まるはるか以前からインドに存在していたとされ、効果的に瞑想するための技術としてポーズや呼吸を取り入れながら実践されていました。その後仏教がおこり、修行の一つとしてヨガが取り入れられ、禅になっていきました。

どちらも形は同じなのですが、目的は異なります。簡単に言うと、ヨガの目的は自分自身と大自然が一体となるような精神状態に至ることにあると言えるでしょう。

一方禅は、瞑想をすること自体が目的とされているのです。無の状態になる、精神を統一して相対的な世界から抜け出すことを目的とするのが禅です。

ヨガこそが全ての始まり

ヨガというと、今の日本ではダイエットや健康維持のための手軽なお稽古というようなイメージがあるかもしれませんが、その起源は大変古いのをご存知でしょうか。一説には、紀元前25001800年頃に栄えたとされるインダス文明にまで遡るとさえ言われています。有名な仏教の開祖であるお釈迦様も、このヨガで修行をし、悟りを開いたとされています。

お釈迦様の瞑想の方法はある弟子に受け継がれ、1000年以上の後に偉いお坊さんが中国に伝えたとされています。これが禅と言われるもので、もっと後になると日本にも禅が伝えられました。このように、全ての始まりはヨガにあったというわけです。

マインドフルネスとヨガの関係とは

マインドフルネスとヨガは、どちらも瞑想の技法であることに違いはありません。しかし目的が違います。本来のヨガの究極の目的は、大自然と一体となるというような、非常に深い目的なのに対し、マインドフルネスは瞑想によってストレスを緩和したり集中力を高めたりといった実用的な効果を目的にして行います。

現代の日本では、ヨガや座禅などが流行しており、医療やスポーツ・教育・福祉の現場などでもこれらを取り入れていることが多くなってきていますが、そのほとんどは本来の意味でのヨガや禅というよりは、マインドフルネスに近いかもしれません。

自宅で手軽に実践できるのが、BROOX YOGAが提案するシヴァナンダヨガのDVDです。心身のリラックス、ストレスのリフレッシュなど、ポーズと呼吸で心身のバランスを整えませんか?ヨガ12の基本ポーズは、膝のリハビリ体操や瞑想など、ゆっくりとした流れで行います。老若男女を問わず始めやすいヨガですので、日々の健康管理にぜひお役立てください。

ヨガ・ヨガポーズに関するお役立ちコラム

効果の高いヨガポーズのDVDならBROOX YOGA

名称 BROOX YOGA 合同会社
住所 〒179-0084 東京都練馬区氷川台2-5-14 ホワイトハウス25-308
電話番号 03-6362-2326
代表者 03-6362-2326
主なサービス ヨガの映像販売
URL http://broox.jp/

お問合せ・ご相談はこちら

お電話でのお問合せはこちら

052-433-3309

※お急ぎの方はお問い合わせフォームを送信して下さい。

お問合せはこちら

お電話でのお問合せはこちら

052-433-3309

フォームでのお問合せは24時間受け付けております。お気軽にご連絡ください。

代表者について

都筑 慎一郎

親切・丁寧な対応をモットーとしておりますのでお気軽にご相談ください。