化学物質過敏症物語

②オーストラリアで手に入れた習慣と言う財産

 10代の終わりからオーストラリア・シドニーに住み、環境を変えることで最悪の状況を抜けることができたが視覚異常感が強く残った死ぬ方が楽だと考えたこともあった。自分が変わることができるとすれば20歳になるその時が最後のチャンスだと分かっていた。毎日、ボンダイビーチを走ることと日記を書くことを始めた。走り終えたときにこの世界に戻ることを感じた。苦しみながらも習慣と言う財産を手に入れた。当時はまだ化学物質過敏症についての情報がなかったから、自分でもなぜ運動するのか分かっていなかったが、症状を改善するために毎日のトレーニングと運動の研究を始め、現在まで27年間続けている。隠れながら行う毎朝の運動を不毛の作業と呼んでいた。まだ何も分からない不安と戦い続けた。

お問合せ・ご相談はこちら

お電話でのお問合せはこちら

052-433-3309

※お急ぎの方はお問い合わせフォームを送信して下さい。

お問合せはこちら

お電話でのお問合せはこちら

052-433-3309

フォームでのお問合せは24時間受け付けております。お気軽にご連絡ください。

代表者について

都筑 慎一郎

親切・丁寧な対応をモットーとしておりますのでお気軽にご相談ください。