化学物質過敏症物語

③ロンドンでヨガに出会う

自分は全てを失ったので、25歳で死のうと思いながら東京でボクシングをした。その後に生きることを考えずに自分を追い込んでトレーニングしていた。私はよく思う。インドへヨガの修行をしに行くという人がいると、普段は修行をしていないんだなと思う。死ぬ気というのは死ぬことを決めていることだ。悟りは勉強するものでなく、死ぬ気の修行者だけに訪れる。古い漆喰の風呂なしアパートに住みトラックの助手をして生活すると、非常に幸せになった。化学物質過敏症の症状が消えた時だった。人間は、こんなにも楽しくなれるのだと分かった。体が気持ちよく全てが美しく、私は満足の存在と一日の価値を知った。1日には全てがある。永遠が愛だと分かった。以後も悪化と回復を繰り返すが、その青春は私を支える経験になっている。23歳でロンドンへ行ってすし屋のアルバイトをしていた。アイリッシュパンクス3人とハックニーの空き家で暮らすことになった。チャイナタウンで出会ったガールフレンドの家に移り、そこで私はヨガ12の基本ポーズに出会った。出会ったと言っても友人のベンに一度教えてもらっただけだが、ヨガをした後に心が落ち着きテムズ川の対岸がハッキリ見えたことに衝撃を受けた。ロンドンで貴重な経験をした後に東京へ戻った。まだ何も化学物質過敏症について知らなかった。

お問合せ・ご相談はこちら

お電話でのお問合せはこちら

052-433-3309

※お急ぎの方はお問い合わせフォームを送信して下さい。

お問合せはこちら

お電話でのお問合せはこちら

052-433-3309

フォームでのお問合せは24時間受け付けております。お気軽にご連絡ください。

代表者について

都筑 慎一郎

親切・丁寧な対応をモットーとしておりますのでお気軽にご相談ください。