化学物質過敏症物語

⑤化学物質過敏症を改善する運動

 当時シュガーアディクトという言葉をアメリカ人から聞いた。砂糖依存症のことだ。砂糖は非常に高い中毒性がある。日本よりも医療が20年進んでいるアメリカでも砂糖依存症は社会問題になっている。化学物質は体脂肪に蓄積されるため、体脂肪を減らし汗をかくことで一緒に体外へ排出される。人は年齢を重ねると太りやすく怪我をしやすくなる。運動は“頑張らない”方がいい。“頑張る”運動は、アドレナリンの裏に活性酸素とストレスが多く隠れているからだ。誰でも知っていることだが、健康器具は買っても使わなくなる。リサイクルショップも買い取らないのはなぜか。全ての人間で1%だけが成功者になるが、同様に全ての運動で1%だけが成功する。99%の運動は失敗に終わるからだ。健康というのは奥が深い、同様に運動も奥が深い。生徒に話してもあまり興味を持たれないが、怪我をしない運動というのが非常に大切だ。99%は遅かれ早かれ怪我をするストレスの多い運動だ。そして怪我をしない運動というのは、実は1%しかないのだと言うことを知っている人は少ない。イチローが天才だというが違う。イチローの父親は深い経験を持つ指導者なのだ。

お問合せ・ご相談はこちら

お電話でのお問合せはこちら

052-433-3309

※お急ぎの方はお問い合わせフォームを送信して下さい。

お問合せはこちら

お電話でのお問合せはこちら

052-433-3309

フォームでのお問合せは24時間受け付けております。お気軽にご連絡ください。

代表者について

都筑 慎一郎

親切・丁寧な対応をモットーとしておりますのでお気軽にご相談ください。